コラム

2018/03/29 わが社の事業を知らない外部のキャリアコンサルタントが、一体何をするの?

わが社の事業を知らない外部のキャリアコンサルタントが、一体何をするの?

キャリアコンサルタントは、御社の経営課題を見つけ、キャリア教育・研修を実践する中で、従業員一人ひとりが主体的に仕事に関わる為の環境づくりに貢献します。
具体的な現場の問題に着目した研修プログラムを提案したりすることで事業の遂行を円滑にし、発展させていくための人財作りを私たちが担います。
 
といっても、実際にキャリアコンサルタントが大事にしているのは、1対1の面談を通した個人のキャリア開発でや、自己概念の成長です。具体的には企業内で行うキャリアコンサルティングの場合、多くは今の仕事の上での話になることが多いです。
例えば、部署変更で馴染めないとか、上司との関係がうまくいかない・・・等、仕事の上での環境に問題を抱えている場合が特に多いのが実情です。
しかし、環境を整えることは容易ではありません。ただ、部署変更で足りてない知識を補強することや、コミュニケーション力を補うことで、この問題が解決する場合もあると思うのです。
この解決策を考えることができるのも、キャリアコンサルタントの仕事です。
中でも、私達外部のキャリアコンサルタントは、内部のキャリアコンサルタントでは拾いきれない課題を拾うことができます。
身内には話せない悩みがあるのと同様に、社内のことに精通している人には話せない悩みを拾うことが私達ならできます。
 
ただ、企業がどれだけ配慮を重ねても、仕事との兼ね合いや経済活動に時間を取られ、多くの場合個人のキャリアパスまで面倒見切れない実情があります。
だからこそ、個人のキャリア開発は個人でやっていくことのできる環境づくりを、セルフキャリアドック制度の整備を推奨するなどを通して国は応援しているといえます。
 

セルフ・キャリアドック制度の詳細はこちらから >>>

ユースエール認定制度の詳細はこちらから >>>

 

木村 俊夫(きむら としお)

一般社団法人セルフキャリアデザイン協会 理事
株式会社ファサディエ EAP事業部 キャリアコンサルタント

 
キャリアコンサルタント / JCDA認定CDA / ファイナンシャルプランナー
個人情報保護士 / 個人情報保護監査人 / メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種合格
 
プロフィール
1984年生まれ。岡山県出身。
“自分の未来は自分で創る”“自主性を持った人の育成”をテーマに活動中。
フリーランスのキャリアコンサルタントをしております。
若者の就業支援と、受け入れ企業の環境整備に強い関心を持ち活動しています。

プロフィールの詳細はこちらから >>>